小向の神村

二年ほど前から、病院事務として勤務しております。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがいつでも皆さん忙しくされています。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。だけど私の想像以上に柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。お子さん同伴での看護師さんの参加が少なくないんですよね。先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。引っ越し、結婚、出産という類の一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それと、患者さんの家族や関係者の人に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと考えるだろうと思います。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、その技能を一番発揮できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、まず間違いなく、病棟で働くことになります。もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。パートとしては結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。予定にない急な出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、少し念入りに求職活動を試みれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、上手にそういうものも使って優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、特に恐れるようなものではないようです。さて、看護師を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。そうはいっても、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。何しろ看護師の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。ただ、患者さんの状態によって、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、それなりの医療行為も行っていいのではないかと思っています。病院に初めて看護師が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、人員配置を担当する人の考え方一つで決定されることもあり得ます。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、ですから、求人だってもちろん多いです。勤務している今の職場でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。病棟勤務の看護師は2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、一にも経験、二にも経験となります。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を考え始める人もいるようです。規模の大きい病院に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。看護師さんとお医者さん。二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。端的に言えば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、医師が行う診療の補助を行い、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。看護師を志したのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来は、こんな風に働きたいというように思い続けて看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、随分と高給です。医療現場という、人命のかかった職場であり、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、残業を厭わずに長時間こなすなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。病院などで看護師という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも何度もあるでしょう。 仕事自体で間違ってしまうことや時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、そのうち、自身の身体や健康のことなどもかなり深く理解できるようになるでしょう。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、看護師が把握しておくべきことについての諸々を次に勤務を始める看護師に口頭で伝えることになっています。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に行うようにしましょう。申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなどと、言われることは多いですが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいて少々げんなりすることもあるかもしれませんが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。個人病院はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、注意するに越したことはありません。それからまた、薬の取り扱いについても妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、軽く考えない方が良いでしょう。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。なんといっても、看護師という職業はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。なのですが、多忙を極める仕事です。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最も理想的であろうと感じます。看護師の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においてはなんなく看護師が上回りました。それから、看護師という仕事は医療機関を中心に需要が途切れることなくあります。そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、ますます必要とされる可能性があります。それ故、既に不足している看護師なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも起因しています。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、結構、融通の利く部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。
長野県の車買取り

小向の神村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です